ぱーよとユカイな家族たち

ユカイな家族と暮らす専業主夫ぱーよinボストンが、現地交流、英語学習を通して普段感じたことをお伝えする雑記ブログです

子育て 海外生活 英語

アメリカの小学校・英語クラス(ESL)はどんな感じ?

投稿日:09/02/2020 更新日:

こんにちは、ぱーよです。

今回は、アメリカの小学校の英語クラスの様子をお伝えします。

アメリカに3年滞在しているなかで体験したことをお伝えしていきます。

皆さんにどんな様子なのか知っていただけたら嬉しいです。

ESLってなに?

ESL(English as second languageの略、英語を第二言語とするクラス),またはELL(English language learnersの略、英語学習者)のクラスです。

ESLクラスの頻度は、1週間のうち2−3回です。

学習レベルに関係なく学年ごとに分けられ授業を受けます。

ESL専門の先生が教えてくれます。ESL専用のクラスがあり、普段のクラスとは別室で行います。

学ぶ理由として、基本的なコミュニケーションが取れることを目標としています。

学習基準に達するとESLクラスは卒業することができます。

現地の子たちと全てのクラスを一緒に学習することとなります。

ESLクラスは何を学ぶ?

  1. スピーキング、話す
  2. ライティング、書く
  3. リーディング、読む
  4. リスニング、聞く

1、スピーキング、話す

話す学習は、発音を重視しているように思います。

アルファベットを実際に発音される音の形で練習していきます。

フォニックスと呼ばれるものです。

ESLクラスに限らず現地のクラスの子たちも発音の規則性を学んでいきます。

どのように発声するか舌や口の開き方など何度も練習します。

2年生では単語の形によって発声されなくなる音を学ぶ授業がありました。

発音の授業は、キンダーガーデンと呼ばれる小学一年生の一つ前の学年から始まります。

キンダーガーデンの学年から2年生に至るまで発音は引き続き学んでいくことになります。

3年生以降も引き続き学習していくかは今後子どもたちの様子を見てお伝えできればと思います。

(私は、Girl(女の子)の発音ができず子どもから笑われます。音の違いがわかりません)

2、ライティング、書く

書く学習は、アルファベットを書く練習から始まります。

少しずつ主語のI、youやBe動詞のam, are、動詞のdo,see,meet,haveなどまとまった文の基本となるものを学んでいきます。

学年が小さいうちから作文を書かせていきます。絵日記を書くことも多いです。

絵の情報から先生がそれを言語化し、単語のスペリングを教えてくれます。

スペルやスペルミスは気にせずどんどん書いています。先生もほとんど指摘しません。

まとまった単語を利用してパズルのように組み合わせて文を作っていきます。

何を書いても先生が褒めてくれている印象です。

別の話になりますが、プレスクールの先生もスペルを忘れて他の先生に聞いていました。

その単語は、Wednesday(水曜日)でした!スペリングは気にしないのでしょうね。

3、リーディング、読む

読む学習は、本を子どもたちが文章ごとや文のまとまりごとに交代で読んでいきます。

読めない部分は先生が補助してくれます。

2年生になると読んだ本を順序立てて要約し伝える練習をしていました。

オンライン授業を見ていて、私の子たちは苦戦していました。

リーディングはESLクラスに限らず、現地クラスでも多く行っています。

夏休みの間も読書をするよう強く進められました。

これは日本でも同じく、たくさんの本から単語や文の形、表現を学ぶのに共通していると思いました。

4、リスニング、聞く

聞く学習は、英語字幕をつけて映像を見ながら聞きとりをしています。

映像から状況を把握します。そしてその状況の音声を聞きます。

さらに字幕を見て学習しています。耳だけに頼らず、視覚を活かしながら学習しているんですね。

一つの映像は2分ほどです。その映像から単語や文法を学びクイズで学んだ内容を確認することができます。

同じ映像でも繰り返し見ることを推められます。

現地クラスの授業では先生の英語を聞き取り、ライティングすることもあります。

当たり前のことですが、全て英語で授業するので必然と英語を聞く量は多いですようね。

小さいうちから聞いていると英語の音を聞き分けることができるのでしょう。(私は聞き分けできません…)

別の記事で映像アプリをお伝えできればと思います。

まとめ

今回の記事を書いていてわかったことは、日本の英語の授業では発音の学習がないなと思いました。

(少なくとも私の時代では習っていない…)これは元々英語はコミュニケーションのためでなく翻訳することが英語の学習する目的だったからだと思います。

現代ではその目的が変わりコミュニケーションができる英語に変わっています。

現地の学習方法を日本の子たちに合う形で取り入れることで、現代の目的に近づけるかもしれませんね。

今回の記事で皆さんにESLの様子が少しでもお伝え出来ていたら嬉しいです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございまいした。

ではまた!

-子育て, 海外生活, 英語
-

執筆者:


  1. […] アメリカの小学校・英語クラス(ESL)はどんな感じ? […]

関連記事

【NHKラジオ英会話をディクテーションしよう】2021/3/12 L230 復習回

    繰り返し声にだして復習していきたいですね   しっかり学習したい方はテキストを利用してくださいね https://amzn.to/3tD2RkF 音源はこちら h …

NHKラジオ英会話 8/17 L92 関係代名詞節修飾⑦関係代名詞:whose

NHKラジオ英会話をディクテーションしてみました   今回は8/17放送の 『 L92 関係代名詞節修飾⑦関係代名詞:whose』 を学んで練習していきます   先行詞をそれがもっている人、 …

エンジョイシンプルイングリッシュ 8/27  南総里見八犬伝 第四話 八人の勇士

エンジョイシンプルイングリッシュをディクテーションしてみました   今回は2021/8/27放送分です   金曜日は、日本文学の放送です 「南総里見八犬伝 第四話 八人の勇士/The Eig …

エンジョイシンプルイングリッシュ 9/1  ジョージ・クルーニー

エンジョイシンプルイングリッシュをディクテーションしてみました   今回は2021/9/1放送分です 水曜日は、Heroes and Giants 「ジョージ・クルーニー/George Clooney …

英会話タイムトライアル 2021/4/26 DAY16 聞き返しの表現

  4月最終週は復習週でしたので、 今回は、ラジオ英会話でなく英会話タイムトライアルを学習します   便利なフレーズが多くすぐに使えてすばらしい番組だと思います   今回 …

おみくじゲーム

カテゴリー

プロフィール

こんにちは、ぱーよです。
日々の出来事を振り返りより良い生活を追及しています!子育て、海外生活、スポーツを中心に普段感じたことをお伝えする雑記ブログです。