ぱーよとユカイな家族たち

ユカイな家族と暮らす専業主夫ぱーよinボストンが、現地交流、英語学習を通して普段感じたことをお伝えする雑記ブログです

子育て

竹内結子さんの訃報を聞いて子育て世代に伝えたいこと【生きて】【助けてを言おう】

投稿日:09/28/2020 更新日:

こんにちは、ぱーよです。

女優の竹内結子さんの訃報を聞きました。2020年9/27のことです。

私がまず心配になったことはお子さんのことです。

2005年に第1子、2020年1月に第2子をご出産されていると知りました。

この記事を書いているのが2020年9月なのですが、お子さんの年齢は15歳、0歳ということになります。

小さいお子さんもいる中でどうしてこのような悲しいことが起こったのか切ない気持ちでいっぱいです。

同じ年代で、子育てをしている立場としてどうしても伝えたいことがあったので書いていきたいと思います。

それは理由はなんであれ、『死んではいけない、生きないといけない』ということです。

亡くなる前に、お子さんのことを考えて踏みとどまれなかったのかと悔やまれます。

竹内さんが亡くなるにいたった理由はわかりませんが、子育ては大変だったのかもしれません。

私も9歳の子と、7歳の双子の子育てをしています。

私には、子育てをしていて死にたいくらいに辛かったこともありました。

けれど、なんとか1日1日をしのいでいるうちに子どもは成長していました。

子どもたちはだんだん自分でできることが増え、子育ては落ち着いてきたように思います。

私が思うことのもう一つに、『助けてほしい』と声をあげてほしかったです。

私自身、性格上人に頼ることが苦手で、助けをえるのが下手でした。

今思えば、もう少し人の手をかりるべきだった、相談するべきだったと思っています。

もし、小さいお子さんを子育て中の方で辛いことがあり、助けが必要であれば声をあげてください。助けを求めてください

今では電話だけでなく、チャット、LINEを利用することができます。

また、もし近くに子育てに困っている方がいるようでしたら声をかけて相談できる場所があることを伝えてください。

以下に厚労省の相談窓口の情報を載せています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_sns.html

出典:厚生労働省ホームページ 

このような相談場所があることを知るだけでも、子育ての負担が軽くなるかもしれません。

最後に、竹内結子さん、お悔やみ申し上げます。

子どもや子育て世代の不幸な話が減り、幸せな話が増えていくことを願います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた!

-子育て
-

執筆者:

関連記事

アメリカにきてよかったこと⑥文化の違いが面白い(小学校編その4)

こんにちは、ぱーよです。 今回は、文化の違い・小学校編の学校イベントについて触れていこうと思います。 日本の小学校とどんな違いがあるか見てみてください。皆さんの参考になれば嬉しいです。   …

子どもにVRのゲームを与えるのはいつからがいいのか?

こんにちは、ぱーよです   最近では、バーチャルリアリティ(仮想現実・VR)のゲームや映画が流行っていますね CMでもよくVRのゲームの放送がさかんです これからもっと普及していくだろうVR …

【コロナ禍】アメリカでは、どうやってインフルエンザワクチンを接種できる?

こんにちは、ぱーよです。 今回は、『アメリカではどうやってインフルエンザワクチンを接種できる?』についてお伝えします。 今年2020年からは新型コロナウイルスの感染が心配されます。 秋から冬にかけて気 …

【コロナ禍のリモート授業】アメリカの小学校の運動不足解消法4選

こんにちは、ぱーよです。 今回は、『コロナ下のリモート授業での運動不足解消法4選』についてです。 アメリカでは対面で体育の授業はできなくなってしまいました。 一体リモート授業ではどんな運動をしているの …

【動物園のゴリラがオスの赤ちゃんを出産】子育ての経験が、子育てしやすい社会をつくる

こんにちは、ぱーよです。 ボストンにある動物園で、39歳のニシローランドゴリラ(名前はキキ)が始めての男の子の赤ちゃんを出産しました。 めでたいですね! ゴリラの赤ちゃんをみて、種をこえても子どもって …