ぱーよとユカイな家族たち

ユカイな家族と暮らす専業主夫ぱーよinボストンが、現地交流、英語学習を通して普段感じたことをお伝えする雑記ブログです

Life

【和歌山・勝浦温泉】忘帰洞温泉・ホテル浦島のインパクトがすごい

投稿日:

こんにちは、ぱーよです。

 

私は温泉、旅が好きです。

今回は、私の記憶に残る温泉、ホテルをお伝えします。

 

温泉、旅好きの方が温泉、ホテルを選ぶご参考になれば嬉しいです。

 

【和歌山・勝浦温泉】忘帰洞温泉・ホテル浦島のインパクトがすごい

2019年に観光で和歌山県にある熊野古道を訪れました。

ユスコの世界文化遺産に登録されていることもあり、行くことに決めました。

 

そこで宿泊先に選んだのが、ホテル浦島でした。

忘帰洞温泉と呼ばれる洞窟温泉、マグロのバイキングにひかれ宿泊することにしました。

 

熊野古道で神社をめぐることが目的だったのですが、ホテルのインパクトが大きすぎて今ではそちらの思い出がより強く残っています。

世界遺産の印象を上回るホテルって普通想像できませんよね。

なぜそれほど記憶に残ったのかというとツッコミどころが多かったからです。

 

1、駐車場からホテルまで遠い

ホテルは半島の上に建てられており、ホテルの近くに一般駐車場がありません。

そのため、指定された駐車場から送迎のバスが出ていました。

市街地をぬけ、曲がりくねった道をバスは走りました。

このバス一体どこまでいくんだろうって思いました。

ホテルまで遠くかんじましたが、職員スタッフの方は温かく迎え入れてくれました。

 

2、時代を感じるアーケード

バスを降りてエレベーターにのりロビーに行きました。

そのロビーまでも遠く感じました。

ロビーへ行く途中、レトロなアーケードを通りすぎました。

そのアーケードを見て、時代がタイムスリップしたかのようでした。

アーケードは、稼動する時間が決まっていてチェックインした日中は止まっていたので、余計に時代を感じさせたのだと思います。

 

3、職員スタッフがみんなエメラルドグリーンのジャケットを着ている

竜宮城、浦島のイメージでエメラルドグリーンなのでしょう。

正直エメラルドグリーン色のジャケットを着たスタッフは、昭和の漫才師を思い出させました。

実際、スタッフの方は面白い人が多かったです。

 

4、エレーベーターの開閉が早い

よく使い込まれた古めのエレベーターだったため、開閉が早いのです。

ケガはしませんでしたが、よくはさまれました。

子どもは降り遅れ別の階へ、それを追いかけて親が隣のエレベーターに乗るも行き違いすることがありました。

なんだか遊んでいる気分でした。

 

5、洞窟温泉が遠い

部屋(なぎさ館)からロビーを通り、温泉に向かうのですが、3つある温泉いずれの温泉も遠かったです。

ながーい廊下を10分ほど歩いてようやくついたところにありました。

妻はバスタオルをもってくるのを忘れ、往復していました。

いい運動になります。

お部屋のサンダルより靴のほうがいいかもしれません。

お風呂上りは湯冷め注意です。

ながーい廊下の途中に横一列に数台の洗濯機が並べられていました。

部屋からは遠いので利用はしませんでした。

なぜそこにっと突っ込みたくなりました。

 

6、洞窟温泉が東宝映画のよう

海の岩壁に温泉が接しているので、波がザブンザブンとしているのが見えました。

”ザッパーン”と波の音が聞こえるので、まるで東宝映画の始まりのシーンのようでした。

ロビーにいたスタッフに「温泉どうだった?」と聞かれ、長男は「不気味だったけど面白かった」と話していました。

妻と娘たちは、日本語が上手な台湾出身のおばさんたち数人と温泉の中で長話しをしたようです。

話好きのおばさんたちだったようで、娘たちはのぼせそうだったと妻から聞きました。

海が近い温泉に初めてはいったこと、ちょっとした不気味さを感じたことや謎の外国人の交流があったことは記憶に残るものですね。

 

7、謎の出店、暗闇のコンビニがホテル内に設置されている

ロビーの前の通路の両脇に、謎の出店が多く出店していました。

買う人がいるのかなと思うほど、ここも時代が止まったかのような出店が立ち並んでいました。

また、モダンな施設内の一角に近未来のコンビニが設置されていてそのギャップが面白かったです。

そちらで、お土産を買いました。

 

8、スタッフの気遣いがすごい

ホテルでは、スタンプラリーをしていました。

スタンプを集めると入浴剤がもらえるのですが、スタンプラリーの用紙を持ってフロントの前を通りすぎると、

「お客さま、スタンプはもうお済みですか?」

と割と距離があるところから声かけされました。

よく遠くから気づくなぁと感心しました。

 

9、ホテルの2/3は改修中だった

当時、ホテルは改修中でしたので、眺めのいい方の別館は予約できませんでした。

見晴らしのよい別館への長いエスカレーターに乗ってみたかったですが、回収中のため利用できませんでした。

2020年11月時点では、利用可能のようです。

機会があれば、今度はそちらを予約したいです。

ホテル内にホテルのジオラマがあったのですが、面白そうな探検場所がのっていました。

翌日熊野古道を予定していたのですが、こちらの探検もありだなと思いました。

 

10、バイキングに子どもたちは大喜び

前日に白浜温泉のホテルに滞在したのですが、そちらは小部屋で決められた夕食をとりました。

子どもたちにとっては、ホテル浦島のバイキング形式の朝・夕食の方が喜んで食べていました。

自由に好きなものを好きなだけ食べられるのは、子どもにとっては幸せなのですね。

ちなみにバイキング会場も部屋から遠いです。

 

最後に

今回、私の人生で印象深かった温泉、ホテルをお伝えしました。

つっこみどころが満載でしたが、それだけとても印象に残るホテルでした。

コロナの状況で観光業は大変だと思いますが、旅の思い出づくりにはかかせないのでこれからもがんばってほしいと思います。

まだまだいろんな温泉、ホテルを発掘できればと思います。

ではまた!

ホテル浦島の情報はこちら。

-Life
-

執筆者:

関連記事

【新型コロナ・ワクチン】アメリカでは年内に接種可能も、日本は来年初めから

こんにちは、ぱーよです。   ようやくワクチンが完成され、国民が接種できそうです。 ファイザーが来週11/15以降にワクチンの使用許可を FDA(アメリカ食品医薬品局)に出す予定です。 現在 …

【コロナで失業経験あり】専業主夫はヒモ、ダメ男なのか?

こんにちは、ぱーよです   専業主夫というとヒモ、ダメ男のようなことがよくきかれます 一方では、専業主婦の場合は、そのような話はあまりきかれません   本当に、専業主夫はよくないの …

【アメリカ】トルネードとは何か?トルネードから身を守る方法は?

こんにちは、ぱーよです。   今回は、トルネード(竜巻)に対して身を守る方法についてお伝えします。 11/23、午前中にニューイングランドではかなり珍しくトルネードが発生しました。 日本人と …

簿記④/勘定の増減をから、取り引きのやりとりを把握しよう

  世の中のしくみを知りたいと思いました お店、会社に関わる『簿記』について学んでいきます   目次1 簿記④/勘定の増減をから、取り引きのやりとりを把握しよう1.1 取引とは?1 …

【夫の子育て参加を望む奥様へ】家事・育児のタスクをリスト化+夫婦でルールを決める

こんにちは、ぱーよです。 『子育ては夫婦2人でするものだ』 『どうして夫(または妻)は協力してくれないんだろう、夫婦2人の子どもなのに、、、』 と思っていていても現実、子育てを夫婦2人でしていくのが困 …

おみくじゲーム

カテゴリー

プロフィール

こんにちは、ぱーよです。
日々の出来事を振り返りより良い生活を追及しています!子育て、海外生活、スポーツを中心に普段感じたことをお伝えする雑記ブログです。