ぱーよとユカイな家族たち

専業主夫inボストンが海外生活、子育て、スポーツを中心に普段感じたことをお伝えする雑記ブログです

Life 子育て 海外生活

【アメリカ・リモート授業】学校再開の遅れは、子どもをだめにする?

投稿日:

こんにちは、ぱーよです。

アメリカでは、学校に行かずにインターネットを利用したリモート授業が取り入れられています。

一部の学校では完全リモート授業で、対人での学校再開はしないままでいます。

ですが、これに危機感を覚えている方がいます。

ハーバード大学で公共の健康を専門とするジョセフ・アレン教授です。

ではリモート授業の何に危機を覚えているのでしょうか。

リモート授業のみでは子どもをだめにする

理由は3つあります。

  1. 教育的にリスクがあるから
  2. 社会的にリスクがあるから
  3. 栄養的にリスクがあるから

1、教育的にリスクがある

  • 多くの主要地域のでの1/3の子どもたちは、リモート授業に毎日ログインしていない
  • ボストンでは、この春5月に10,000人の子どもたちがリモート授業から離脱している

2、社会的にリスクがある

  • ユニセフによれば、学校に通っている子どもたちは親からの虐待、暴力、放置をうける可能性が低いとしている

3、栄養的にリスクがある

  • 3000万人以上の子どもたちが学校の食料をあてにしている

教授が考える学校再開について

  • COVID19自体はコントロールできないが、学校での対処はコントロールできるとしている
  • 基本的な感染対策であるマスクの着用、頻繁に換気をすること、可能であれば室内にいる時間を減らすことで感染リスクを下げられるとしている
  • 3月に学校を閉鎖した際に、子どもたちが学校に戻れるように計画をたてることがビジネス再開を考えるより優先であったとしている

最後に

今回振り返ることで、技術の恩恵を感じつつも、改めて実際に人と関わることはこれからも変わらず不可欠なことだと感じました。

貧富の差が大きいアメリカでは食事問題は大きいとおもいました。

3月から10月までの約8ヶ月たち、様々なデータがでてきています。

接触をできる限りさければ感染は回避できるとデータが教えてくれています。

感染対策に配慮して慎重に学校を再開をすることでの恩恵は大きいのかもしれません。

子どもたちの教育、社会、栄養面はサポートし続けるのが社会の大人の役割だと気づかれました。

日本では学校を閉鎖する期間は短くし、上手く対応できていますね。

今後は今の現状をふまえ学校の再開が増えていくのかみていきたいです。

また、子どもたちにとってベストな選択を社会はしているのか考えていきたいと思います。

ではまた!

-Life, 子育て, 海外生活
-

執筆者:

関連記事

ミニマリストになれなかった私は、ただのきれい好きなおじさん

こんにちは、ぱーよです。   私はミニマリストのYouTubeをよく見ます。 散らかっている部屋がキレイになっていくのを見ているとなんだかスッキリします。 私も真似して使っていないもの、気に …

【読書の秋】【アメリカの図書館】コロナ禍どうやって本を借りられる?

こんにちは、ぱーよです。 夏が終わって涼しくなり読書の秋になりましたね。 私は図書館が好きです。 よく子どもたちと一緒に行っています。 たくさん本を読むわけではないですが、本に囲まれた落ち着いた空間が …

【アメリカ】リステリア菌の食中毒に注意!よく加熱し、手洗いを 

こんにちは、ぱーよです。 リステリア菌による食中毒の被害がマサチューセッツで7件(+ニューヨーク2件、フロリダ1件)報告されました。 8/6ー10/3の期間に、40ー89歳の方(男2人、女8人)が感染 …

【アメリカのカフェ直伝】簡単・美味しいグリーンスムージーの作り方

こんにちは、ぱーよです 今回は、簡単に美味しくできるグリーンスムージーの作り方をお伝えします   ステイホームの間、健康でいるために 手軽に野菜をとれる方法を考えていました   そ …

【アメリカ】ホールフーズで見かけるグルテンフリーって何?

こんにちは、ぱーよです。   アメリカにきてスーパーにいくと、食品表示にグルテンフリーの表示をよく目にします。 日本でも、グルテンフリーの話題が出ることがありますね。   では、こ …

おみくじゲーム

カテゴリー

プロフィール

こんにちは、ぱーよです。
日々の出来事を振り返りより良い生活を追及しています!子育て、海外生活、スポーツを中心に普段感じたことをお伝えする雑記ブログです。