ぱーよとユカイな家族たち

ユカイな家族と暮らす専業主夫ぱーよinボストンが、現地交流、英語学習を通して普段感じたことをお伝えする雑記ブログです

アメフト スポーツ

【感想】2020年・甲子園ボウルを見て思ったこと『日大よく復活した!』

投稿日:12/13/2020 更新日:

こんにちは、ぱーよです。

 

12/13日(日)、甲子園ボウルが行われました。

甲子園ボウルは、大学生のアメリカンフットボール日本一決定戦です。

毎年甲子園球場で行われています。

 

今年は、

東日本チャンピオン、日本大学と

西日本チャンピオン、関西学院大学

のチームが戦いました。

 

日大よく復活した!

今年は、西日本チャンピオン関西学院大学(関学)が

日本大学(日大)を下して、日本の学生日本一が決まりました。

 

毎年強い関学ですが、日大も奮闘しました。

特に日大は、厳しい状況からよく復活して決勝戦までに上がってきたなと思いました。

 

2018年、日大の選手が相手チームへの反則タックルにより、日大はシーズン終了まで1年間の公式試合への出場が停止されました。

その後、日大の学生が記者会見を開き全国民の前で、相手チームの選手、チームに謝罪した姿は印象的でした。

当時の日大の監督と選手との意思の違いが原因だったのだと思います。

 

監督は交代され翌年再出発となった活動の中で、たった2年でチームを立て直した日大チームをたたえたいです。

きっと、3年前のチームの選手たちOBは、また強いチームに戻れたことを喜んでいると思います。

今後も日大の選手たち、チーム関係者皆さんが活躍されることを願っています。

 

日大フットボール部の復活した姿を見て思ったこと

日常では、何かをミスしたことがクローズアップされがちです。

人であれば、ミスをしない人はいないはずです。

たとえミスがあったとしても

それを乗り越えたことにもっと評価されていいとおもいます。

 

ミスをした後でも復興プログラムが充実していれば、

もっとチャレンジしやすい環境ができていくのではないかとおもいます。

 

これは、スポーツに限らず、仕事、日常の多くのことに当てはまりそうです。

ミスをチャレンジしたことと評価して、次の時にはそのミスを最小限にする、

ミスを挽回できる社会になることを願います。

そうすれば、もっと寛容でチャレンジしやすい、

生きやすい社会を作っていけるんじゃないかなと思いました。

 

今回の日大の復活は、そんなたとえ苦境な環境でも復活できるんだということを示してくれた例でした。

日大アメフト部の別名は、フェニックス・不死鳥です。

その名の通り、決して屈しない姿を見せてくれた日大選手たちにありがとうを伝えたいです。

これからも、日大アメフト部の活躍を期待しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた!

【感想】ジャパンエックスボウル、オービックシーガルズの守備が際立っていた

-アメフト, スポーツ
-

執筆者:

関連記事

マサチューセッツ・ニューイングランド地方のおすすめハイキングスポットの山3選

こんにちは、ぱーよです。 運動の秋ですね。 我が家は妻の仕事場の方と毎年ハイキングに行っています。 山頂まで歩き、そこでおぎにりを食べるのが私の楽しみの一つです。   今回は、ニューイングラ …

【ボストンおすすめ観光スポット】ボストン・レッドソックス本拠地フェンウエイパークに行こう

こんにちは、ぱーよです   今回は、ボストンおすすめ観光スポットをご紹介します ボストン・レッドソックス本拠地のフェンウエイパークです 実体験をまじえて、おすすめの食べ物、席、応援方法などを …

【2020年度NFL】ディビジョナルプレーオフの感想とチャンピオンシップの予想

こんにちは、ぱーよです   先日NFLではディビジョナルプレーオフが行われました どの試合も見応えのある試合でした 今回はその感想と 次回はチャンピオンシップでどのチームが勝つか予想したいと …

【感想】ジャパンエックスボウル、オービックシーガルズの守備が際立っていた

こんにちは、ぱーよです   先日12月15日にジャパンエックスボウルが行われました ジャパンエックスボウルとは、 社会人チームのアメリカンフットボール日本一決定戦です   『オービ …

【取り越し苦労】親が思うほど子どもは心配していない

こんにちは、ぱーよです。 先日息子が地域のスポーツコミュニティーに初めて参加しました。 それは、フラッグフットボールといわれるスポーツで、アメリカンフットボールとルールがほぼ同じのものです。 (ルール …