ぱーよとユカイな家族たち

ユカイな家族と暮らす専業主夫ぱーよinボストンが、現地交流、英語学習を通して普段感じたことをお伝えする雑記ブログです

Life 文化 海外生活

【ボストンおすすめ観光スポット】フリーダム・トレイルを歩こう/ボストン・コモン編

投稿日:01/30/2021 更新日:

こんにちは、ぱーよです

 

ボストン・ダウンタウンには、大きな公園があります

ボストン・コモンと呼ばれます

天気がいい日はシートを敷いてランチを家族で食べたり、散歩していました

電車で気軽に行ける場所なので、オススメしたいと思います

 

ボストン観光の際のご参考になればと思います

観光で訪れた際に、アメリカの文化、歴史をより深く感じることができるかもしれません

 

【ボストンおすすめ観光スポット】フリーダム・トレイルを歩こう/ボストン・コモン編

ボストン・コモンって何?

アメリカ最古の公園と言われています

約200平方メートルの緑の敷地が、ボストンのダウンタウンに広がっています

公園内には、

  • 観光案内所
  • セントラル墓地
  • フロッグポンド
  • メモリアル(記念碑)

などがあります

名前の由来は?

市民の憩いの場所として使用されるようになってから

『市民共通の広場』の意味『コモン』

と呼ばれるようになりました

 

フロッグポンドでは夏には水浴びができたり、

冬の11月から3月にはスケートができるようになります

 

もともと何のための場所だったの?

もともと、ここの土地は、1634年に清教徒(ピュータリン)のために買われたものです

(清教徒はイギリスから渡ってきたキリスト教のある一派)

当時は、集会、演説が盛んに行われていました

 

また、

  • 家畜が牧草を食べる放牧場(植民地時代の初期)
  • 軍隊の訓練場
  • 海賊、犯罪者を罰する絞首刑場(1638年)
  • 独立戦争時、イギリス軍の野営場(1775年)

として利用されました

 

どんなメモリアル(記念碑)があるの?

セントラル墓地

観光案内所の南西にあります

肖像画家ギルバート・スチュワートらの墓地です

初代大統領ジョージ・ワシントン、またマーサ夫人を描きました

1ドル札に描かれている肖像画は、彼が描いたもの

他6人もの大統領の肖像画を描いています

 

フラッグスターヒル/慰霊碑

南北戦争で戦士した兵士や水兵たちの慰霊碑です

観光案内所の裏手に小高い丘があります

 

顕彰碑/個人の功績を称えて作った石碑

コモンの北にあります

マサチューセッツ州会議事堂前に建てられた石碑があります

この石碑は、

  • ロバート・グールド・ショー
  • マサチューセッツ州第54連隊

のものです

南北戦争で、白人ロバート氏が黒人だけの部隊を率いて勇敢に戦ったことが称えられています

映画『グローリー/Glory』にもなりました

 

 

公園の西側にはパブリック・ガーデンがあります

パブリック・ガーデンとは?

アメリカで初めてできた植物園です

春には多くのチューリープが見られます

春から夏にかけて、大きな池では、スワンボートが運行します

料金などの詳細はこちら

 

この植物園は、1877年に始まり140年以上続く歴史があります

絵本『Make way for Ducklings』にもなった場所で知られています

邦題は『かもさん おとおり』です

 

読んで見ましたが、心温まるストーリーでした

チャールズストリートとビーコンストリート側にはカモの銅像があります

 

ガーデン内の銅像は誰?

ジョージ・ワシントンの銅像です

アメリカ初代大統領です

アメリカ独立戦争時の軍人でした

その後、『アメリカ建国の父』と言われるようになりました

1ドル札に描かれています

アーリントンストリートとコモンウェルスアベニューが交差するゲートの近くに銅像があります

 

さいごに

ボストンコモンではよくイベントが行われています

日本の文化フェスティバルが行われたこともありました

フットボールチームが優勝するとパレードが行われたり、抗議デモが行わたりもする場所です

 

広すぎず、休憩所もあるため

散歩したり、のんびり過ごすにはちょうど良い場所だと思います

 

感染が落ち着いて、ボストンを訪れた際はぜひ巡ってみてください

ではまた!

 

関連記事はこちら

【ボストンおすすめ観光スポット】フリーダム・トレイルを歩こう

 

出典:マサチューセッツ州観光局

ウィキペディア フリーダム・トレイル

the freedom trail foundation

BostonUSA

地球の歩き方 ボストン

 

-Life, 文化, 海外生活
-

執筆者:


関連記事

なぜアメフト(NFL)がアメリカで人気なのか?+ルールを3要素で解説

  こんにちは、ぱーよです   今回は、2020年9月10日(木曜日)に開幕した プロアメリカンフットボール(NFL)についてお伝えします。 今年で101回目のシーズンとなります。 …

東日本大震災から10年、復興はどこまですすんだのか?

こんにちは、ぱーよです   3/11は、東日本大震災が発生した日ですね 2021年になり、2011年に発生してから10年がたちます   とてつもない衝撃をうけた日でしたが 被災され …

【アメリカで子育て】子どもたちは3年でバイリンガルになったのか?

こんにちは、ぱーよです。   皆さんは、子どもたちは吸収が早いから言語もすぐ覚えると聞いたことがありますか? 現地の学校に行き、暮らしていればバイリンガルになれるという話も聞きます。 &nb …

教会ESL(英語クラス)に通って良かったこと4選

  こんにちは、ぱーよです。 今回は、教会ESLに通って良かったことをお伝えします。 現地ESLに興味のある方のご参考になれば嬉しいです。   隣人の紹介で2018年3月頃から20 …

【11/3アメリカ大統領選挙】移民を受け入れる民主党バイデン氏をおしたい

こんにちは、ぱーよです。   11/3はスーパーチューズデー、アメリカ大統領選挙ですね。 アメリカの大統領を決める国民投票が行われます。   あなたは、共和党保守派のトランプ氏と民 …