ぱーよとユカイな家族たち

専業主夫inボストンが海外生活、子育て、スポーツを中心に普段感じたことをお伝えする雑記ブログです

アメフト スポーツ

【感想】NFL/スーパーボウル、トム・ブレディが歴史をつくったことに感動

投稿日:

こんにちは、ぱーよです

 

2021年2月7日(日)に、第55回スーパーボウルがありました

スーパーボウルは、アメリカのプロアメリカンフットボールの優勝決定戦です

アメフトファンとして感想をお伝えします

 

アメフト、スポーツにご関心のある方にスポーツの面白さが伝われば嬉しいです

 

【感想】スーパーボウル、ブレディが歴史をつくったことに感動

トム・ブレイディの何がすごいの?

①年齢がすごい

年齢は43歳です

43歳で現役でQB(クォーターバック)とはいえ、コンタクトスポーツができるのは

本人の管理がしっかりされているのだと思います

スーパーボウル先発QBとして、史上最年長の記録となりました

 

②スーパーボウル出場回数がすごい

ブレディは、個人として10回目の出場

通算成績は、10戦7勝3敗となりました

スーパーボウルでの勝率が7割ってすごいですね

 

③スーパーボウル制覇の回数がすごい

ブレディは、個人として7回目の制覇となりました

ペイトリオッツ時代に6回の制覇、バッカニアーズのチームで7回目の制覇となりました

チームが変わっても成果をだしたのは、自身の力の証明になりました

 

④スーパーボウルMVPの回数がすごい

今回のスーパーボウルMVP受賞で、5回目となりました

受賞回数ランキングでは1位となっています

1位 トム・ブレディ 5回

2位 ジョー・モンタナ 3回

3位 イーライ・マニング 2回

 

⑤移籍1年目で結果をだした

前チームのニューイングランド・ペイトリオッツに20年在籍

21年目で初めてタンパベイ・バッカニアーズに移籍

移籍後の1年目でスーパーボウル制覇

 

個人的に、すでに引退したペイトン・マニングを思い出します

ペイトンは、コルツのQBとして活躍していましたが、ブロンコスに移籍することになりました

当時弱かったブロンコスを移籍後4年でスーパーボウル制覇に導きました

ペイトンが4年がかりでなしとげたことを、ブレディは移籍後1年目で結果をだしたのです

本当に信じられません

 

スーパーボウルの内容はどうだった?

結果は?

スコアは、31-9 で

バッカニアーズが2002年以来のスーパーボウル制覇を果たしました

スーパーボウルをホームスタジアムで行ったのは、タンパベイ・バッカニアーズが初めてでした

そして史上初本拠地で優勝したチームとなりました

 

予想では、10点差をつけてチーフスが優勝すると思っていました

レギュラーシーズンでは、チーフスがバッカニアーズに3点差で勝利していたからです

調子のよいチーフスであれば10点は差がつくと思っていました

22点差をつけられたことは、チーフスにとっても誤算だったでしょう

 

勝利の鍵は?

勝利の鍵は、バッカニアーズのディフェンスだと思います

特にディフェンスラインのラッシュが驚異的でした

セカンダリーによるパスカバーも完璧でした

ブレディがチーム力をこんなにも引き上げるのかと驚くばかりでした

 

チーフスのQBマホームズが、QBサックをされたり、追い回されたりするシーンが多かったです

何度も不利な体勢でパスをしているマホームズを見るのは今試合が初めてでした

ボールキャッチのターゲット、タイリーク・ヒル、トラビス・ケルスが見事にカバーされていました

ケルスがキャッチミスする姿が珍しかったです

また、タイリーク・ヒルの快速が見られなかったのも勝利につながらなかった点でした

すべては、マホームズへのプレッシャーが大きかったのではないかと思いました

 

チーフスにとっては、シーズンを通して唯一タッチダウンできなかった試合になりました

強力オフェンスチームがタッチダウン0回でゲームを終えたことは信じられませんでした

 

チーフス側に反則が多かった

審判の判断が厳しかったというツイッターを多く目にしました

チーフスは、反則をしなければいけないほどプレッシャーを感じていたのだと思います

個人的には、妥当な審判のコールだったのではと思っています

 

審判でもう一つの話題は、スーパーボウルで女性審判が活躍したことです

サラ・トーマスさんが、ダウンジャッジに採用されていました

※審判の名称が、彼女の貢献でヘッドラインズマンからダウンジャッジに変わりました

今後も性別関係なく審判が活躍していけるといいですね

 

過度の威嚇はよくない

アメフトは格闘技だ言われることがありますが

ルールの範囲外で相手を威嚇、侮辱する行為はよくないと感じました

チーフス側は、プレーがうまく行かずににいらだちがつのっていったように思います

バッカニーアーズの選手も、優位な点差であったにもかかわらず、チーフスの選手を侮辱する様子がありました

強いチームの印象を下げるので、あれらの行為はプロであってもするべきではないですね

 

感動したプレーは?

ゴール前ブレディーからグロンカウスキーへのタッチダウンパスが決まったときに感動しました

グロンカウスキーは、以前ブレディとともに同じチーム・ペイトリオッツでプレーしていたホットラインでした

一度引退したものの、ブレディのいるバッカニアーズで再度現役復帰したのでした

移籍後のチームかつスーパーボウルの舞台で、2人の活躍で得点できたことに涙しました

 

最後に

2021年はコロナ感染に配慮しながらのシーズンでした

スーパーボウルでは、素晴らしい配慮がありました

それは、コロナ感染と直接治療、対応にあたった病院スタッフをスーパーボウルに招待したことです

また、大統領就任式で詩を詠んだアマンダ・ゴーマンさんが試合開始前に詩を詠みました

スポーツが医療関係者を勇気づけていることを伝えてくれました

 

今シーズンの各試合は、特別世界の人に勇気をくれたのではないでしょうか?

ステイホームでどこにもいけない中で、スポーツは楽しみ、勇気をくれました

来シーズンは、スタジアムが観客でいっぱいの試合になるといいですね

 

皆さんは今シーズンの試合、スーパーボウルはどのように思いましたか?

来年のスーパーボウルはどのチームが制覇するのか今から楽しみです

最後まで読んでいただきありがとうございました

ではまた!

 

関連記事はこちら

【感想】2020年度/NFLチャンピオンシップ、バッカニアーズQBブレディの活躍に涙した

なぜアメフト(NFL)がアメリカで人気なのか?+ルールを3要素で解説

 

出典:NFL

 

-アメフト, スポーツ

執筆者:

関連記事

【感想/アメリカンフットボール】ライスボウル、関学がオービックに善戦!

2021年1月3日(日)、東京ドームでライスボウルが行われました   ライスボウルとは、 社会人チャンピオンVS学生チャンピオンが戦う アメリカンフットボールチーム日本一決定戦です &nbs …

【取り越し苦労】親が思うほど子どもは心配していない

こんにちは、ぱーよです。 先日息子が地域のスポーツコミュニティーに初めて参加しました。 それは、フラッグフットボールといわれるスポーツで、アメリカンフットボールとルールがほぼ同じのものです。 (ルール …

【NFL/アメフト】ペイトリオッツのゲームのチケット購入・スタジアムへの行き方を解説

こんにちは、ぱーよです   今回は、NFLペイトリオッツのホーム ジレット・スタジアムへ行ったときの様子をお伝えしたいと思います スタジアムがボストン市内から離れた場所にあるので、どのように …

【感想】2020年度/NFLチャンピオンシップ、バッカニアーズQBブレディの活躍に涙した

こんにちは、ぱーよです   先日2020年度NFL、プロアメリカンフットボールのチャンピオンシップがありました 各カンファレンス、AFC(アメリカンフットボールカンファレンス)と NFC(ナ …

マサチューセッツ・ニューイングランド地方のおすすめハイキングスポットの山3選

こんにちは、ぱーよです。 運動の秋ですね。 我が家は妻の仕事場の方と毎年ハイキングに行っています。 山頂まで歩き、そこでおぎにりを食べるのが私の楽しみの一つです。   今回は、ニューイングラ …

おみくじゲーム

カテゴリー

プロフィール

こんにちは、ぱーよです。
日々の出来事を振り返りより良い生活を追及しています!子育て、海外生活、スポーツを中心に普段感じたことをお伝えする雑記ブログです。