ぱーよとユカイな家族たち

ユカイな家族と暮らす専業主夫ぱーよinボストンが、現地交流、英語学習を通して普段感じたことをお伝えする雑記ブログです

Life コロナ メンタルヘルス 健康 海外生活

【2020年コロナの状況を振り返る】リアル動物の森だったアメリカステイホーム

投稿日:12/24/2020 更新日:

こんにちは、ぱーよです

 

2020年はコロナでステイホームが長かったですね

アメリカ、ステイホーム中に人がいなかったことで

動物たちをいたるところで目にしました

 

そこで、リアルどうぶつの森になっていたのでその状況を写真とともにお伝えします

動物たちのたくましく生きる姿が伝われば嬉しいです

 

合わせて、ステイホーム中にしていたオススメのラジオ体操もお伝えします

 

【2020年コロナの状況を振り返る】リアル動物の森だったステイホーム

しばらく動いていなかった車のフロントガラスで産卵、ふ化をさせる親ハト

車の持ち主はご高齢の方で、ハトが卵を温めている様子をしっていました

そのため、あえて車は動かさずに、

卵がかえるまで車のエンジンをかけるのはさけていました

やさしいご高齢夫婦のおかげで、ふ化したハトたちは元気に巣立っていきました

ちなみに、そのごまた別のハトが同じ場所で産卵したのでした

 

駐車場の柱で、ロビン(鳥)が産卵、ふ化した様子

暑い夏の間、アパートの駐車場を散歩しているときに発見しました

初め、卵は青色で鳥の巣はあまりによくできていたので、

誰かのイタズラで作り物かと思いました

 

人がよく通る駐車場の柱にもかかわらず、ヒナが誕生していました

ヒナたちが親からエサを与えられる様子を間近でみることができました

以下の写真は親がヒナを守っている様子

 

駐車場のあちこちで鳥の巣が見つかりました

親鳥がヒナ鳥のために餌を運ぶため何度も往復していました

 

駐車場の外では、親ダックが産卵し、卵を温めていました

普段は清掃が入る敷地内の路地に、親ダックが産卵し、卵を温めていました

体の周りには羽でうめつくされていました

保温が大事なのでしょうね

 

住人の人が、パンをあげていましたが餌には目もくれず卵を温め続けていました

こちらのダックも無事ふ化に成功しどこかへ行ってしまいました

このダックとは別の路地に黒ダックが同じく産卵して、卵を温めていました

 

 

雨水の通り道が、ウサギの巣になっていました

居住敷地内にある雨水の通り道が、うさぎの巣になっていました

小さい子うさぎもいて親子で暮らしているようです

ちょうどよく顔だけ出していたのでそれをパシャリ!

 

道を通せんぼするマガモの親子

自転車で買い物に行く途中に遭遇しました

近くに湖があるので、そこに住んでいるようです

ひな鳥は親のあとをしっかりついて行っていました

近づきすぎると攻撃してくるので注意が必要です

 

近くを流れる川に、ビーバー発見

見にくくてすみませんが、ビーバーの後ろ姿を目撃しました

岸にあがり食事をさがしている様子でした

食事を探し終えると、川を再び渡り巣に戻っていきました

ダムにいると思っていたビーバーが川にいるなんて驚きました

そういえば、川の下流は大きな湖につながっていました

 

方言ラジオ体操で運動不足解消

ステイホーム中にしていた運動を紹介します

ラジオ体操 沖縄

です

 

ラジオ体操を習慣にしていた時期がありました

初めは、普通にラジオ体操をしていたのですが、

ラジオ体操の方言バージョンを発見し子どもたちと楽しく体を動かしていました

他には、京都弁、大阪弁などがあり楽しんで体操できました

 

冬になり寒さが厳しく外出が難しいときは、自宅で体操してみてはどうでしょうか?

 

さいごに

人の気配を感じなくなると動物たちは生き生きしているように思えました

 

動物たちのたくましさを感じたのと同時に

ウイルスには勝てない人間のもろさ実感したステイホーム期間でした

 

ステイホームが解かれた後は、

外に自由にでかけられることがどれだけありがたいことかわかった2020年でした

 

どんな困難な状況でも生きぬく動物たちのように

たくましく生きていきたいですね

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました

ではまた!

 

ご興味のある方は、こちらの記事もどうぞ

【アメリカ・ステイホーム6ヶ月】メンタルを整えるために実践した3つのこと

-Life, コロナ, メンタルヘルス, 健康, 海外生活
-

執筆者:


  1. […] 【2020年コロナの状況を振り返る】リアル動物の森だったアメリカステイホーム […]

関連記事

【アメリカで子育て】子どもたちは3年でバイリンガルになったのか?

こんにちは、ぱーよです。   皆さんは、子どもたちは吸収が早いから言語もすぐ覚えると聞いたことがありますか? 現地の学校に行き、暮らしていればバイリンガルになれるという話も聞きます。 &nb …

エアーフライヤーでピザを焼いてみたらこんな結果になりました

  こんにちは、ぱーよです   アメリカの家にはオーブンがついているですが、 温めるのに時間がかかるので便利とは言えません そこで買ったのがエアーフライヤーです   エア …

【アメリカ・リモート授業】学校再開の遅れは、子どもをだめにする?

こんにちは、ぱーよです。 アメリカでは、学校に行かずにインターネットを利用したリモート授業が取り入れられています。 一部の学校では完全リモート授業で、対人での学校再開はしないままでいます。 ですが、こ …

『繊細さん』が生きやすくなる世界を願って②【五感別の予防とケア編】

こんにちは、ぱーよです。   前回は、皆さんが繊細さんかにあてはまるかどうかチェックしていただきました。 繊細さんかなと思われる方は、 今回の疲弊しすぎてしまうことへの予防とケアをご参考にし …

【地方暮らしは不便か?】コロナ禍で注目されている地方移住

こんにちは、ぱーよです。 コロナの影響で、リモートワークが浸透してきていますね。 実際に会社に行かずとも、場所にとらわれず働かれている方が増えてきているかもしれません。 そこで見直されているのは地方に …