ぱーよとユカイな家族たち

ユカイな家族と暮らす専業主夫ぱーよinボストンが、現地交流、英語学習を通して普段感じたことをお伝えする雑記ブログです

Life 文化 海外生活

【ボストンおすすめ観光スポット】フリーダム・トレイルを歩こう/ベンジャミン・フランクリン編

投稿日:02/01/2021 更新日:

こんにちは、ぱーよです

 

アメリカが独立にいたった中で欠かせない人物、ベンジャミン・フランクリン

彼は独立のために何をしたのか

どんな生い立ちだったのか

を振り返っていきます

 

彼のことを知っていくと立像が建てられ称えらている理由がわかるかもしれません

ボストン観光をされる方のご参考になればと思います

 

【ボストンおすすめ観光スポット】フリーダム・トレイルを歩こう/ベンジャミン・フランクリン編

ベンジャミン・フランクリンは何をした人?

  • アメリカ独立宣言書の草案者
  • 対イギリス平和条約の草案者
  • フランスと同盟条約を結んだ
  • 現ペンシルバニア大学(旧フィラデルフィアアカデミー)の創設者
  • 稲妻が電気であることを、凧を使って確かめた/バッテリー(電池)などの造語をつくった
  • 避雷針、ストーブ、遠近両用メガネ、グラスハーモニカを発明した

他にも多くのことを成し遂げています

 

彼の功績を称え、銅像が建てられました

ベンジャミン・フランクリンの立像は、ボストンで最古の銅像です

また、現在100ドル札に描かれている人物です

 

どんな生い立ちだったの?

1706年、ボストンのろうそく屋の息子として生まれました

印刷屋の兄のもとで修行後、フェラデルフィアで印刷業として独立

印刷業をする傍ら、様々な活動を行いました

ボストンで生まれ育った彼は、フェラデルフィアで人生の大半を過ごしました

彼のお墓はフェラデルフィアに埋葬されています

彼の埋葬は、国をあげての葬儀が行われました

 

印刷業とは異なる彼の他の顔は?

  • 政治家/イギリスとの外交をした。独立戦争が避けられないとなった時に、フランスと同盟条約を結んだ(1778年)
  • 思想家
  • 科学者/稲妻が電気であることを、凧を使って確かめた/バッテリー(電池)などの造語をつくった
  • 発明家/避雷針、ストーブ、遠近両用メガネ、グラスハーモニカを発明した
  • 文筆家/新聞記事、エッセイなどを書いた

など他にもあり

才能あふれる人物だとわかりますね

 

立像がある場所は?

旧市庁舎の前に建てられています

旧市庁舎は、以前は公立学校でボストン・ラテンスクールと呼ばれました

このボストン初となる公立学校は、1645年に建てられました

ここの卒業生として

  • ベンジャミン・フランクリン
  • ジョン・ハンコック
  • サミュエル・アダムス

などアメリカ独立に関わった人物が輩出されています

 

公立にすることで、誰でも通えるようにして

清教徒(ピューリタン)の信仰をするため、聖書を読む力を身に着けさせたのでした

 

ベンジャミン・フランクリンの信念・13の徳

彼は理想を掲げ、それを実践していきました

一週間に一つの徳を取り上げ、それを一年で4回繰り返しました

  • 飽きるほど食べてはならない。酔うまで飲んではならない
  • 自分と相手に利益がないことは語らない。無意味でくだらない話はしない
  • 物の置き場所を決めて置く。仕事は時間を決めてする
  • やらなくてもいいことを決める。やろうと思ったことは行動にうつす
  • 自分と相手に利益がないことにお金を使わない。浪費はしない
  • 時間は利益があることに使う。用もないことに時間を使わない
  • 人をだまして害を与えてはならない。心に思うことは、無邪気に公平であること。言葉にすることも同様である
  • 他人の利益を傷つけたり、人に与えることを与えないで害を与えてはいけない
  • 極端な考えをさける。たとえ、いやなことがあっても怒ることを控える
  • 身体、衣服、住居を清潔にすること
  • 小さいこと、よくありふれたこと、避けたいイベントには心を落ち着かせること
  • 性交は健康、子孫のために行う。これにふけって自分、他人の平安、信用を傷つけてはならない
  • イエス、ソクラテスを見習うこと

 

さいごに

彼の功績を振り返ると、アメリカ独立には欠かせない人物だとわかりました

彼の理想、13の徳は現代にも通じるところがあるなと感じます

 

フリーダム・トレイルをめぐりながら

彼の功績を振り返ってみるのもよいかもしれませんね

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

ではまた!

 

関連記事はこちら

【ボストンおすすめ観光スポット】フリーダム・トレイルを歩こう

【ボストンおすすめ観光スポット】フリーダム・トレイルを歩こう/ボストン・コモン編

【ボストンおすすめ観光スポット】フリーダム・トレイルを歩こう/パーク通り教会編

 

参照:旧市庁舎

地球の歩き方 ボストン

ウェキペディア ベンジャミン・フランクリン

-Life, 文化, 海外生活
-

執筆者:


  1. […] ベンジャミン・フランクリンの立像/ボストン・ラテン学校 […]

  2. […] 【ボストンおすすめ観光スポット】フリーダム・トレイルを歩こう/ベンジャミン・フランクリン編 […]

関連記事

アメリカにきてよかったこと⑦文化の違いが面白い(小学校編その5)寄付は良い教育のため?

こんにちは、ぱーよです。 今回も前回に引き続き文化の違い・小学校編その5をお伝えしていきます。 皆さんのご参考になれたら嬉しいです。 目次1 文化の違い・小学校編その52 1、給食がない3 2、寄付が …

【アメリカ・マサチューセッツ】COVID19ワクチン接種場所が拡充へ

こんにちは、ぱーよです   アメリカ・マサチューセッツでは、COVID19ワクチンの接種が始まり、接種場所を広げると州知事から話がありました どんな場所でうけられるようになってきているのかお …

【2021年2月12日~】旧正月/春節ってなに?どのように祝われるの?

こんにちは、ぱーよです   2/12からは旧正月にはいります アメリカでは、中国系アメリカ人の方が多くお祝いする家庭が多いようです 旧正月はなんとなくきいたことはあるけど、よくわからないこと …

【ボストンおすすめ観光スポット】フリーダム・トレイルを歩こう/オールドサウス集会場編

こんにちは、ぱーよです   今回は、フリーダム・トレイルの一部である オールドサウス集会場、ファニエル・ホールについてお伝えします この場所では一体どんなことがおこなわれていたのでしょうか? …

【動物園のゴリラがオスの赤ちゃんを出産】子育ての経験が、子育てしやすい社会をつくる

こんにちは、ぱーよです。 ボストンにある動物園で、39歳のニシローランドゴリラ(名前はキキ)が始めての男の子の赤ちゃんを出産しました。 めでたいですね! ゴリラの赤ちゃんをみて、種をこえても子どもって …

おみくじゲーム

カテゴリー

プロフィール

こんにちは、ぱーよです。
日々の出来事を振り返りより良い生活を追及しています!子育て、海外生活、スポーツを中心に普段感じたことをお伝えする雑記ブログです。