ぱーよとユカイな家族たち

ユカイな家族と暮らす専業主夫ぱーよinボストンが、現地交流、英語学習を通して普段感じたことをお伝えする雑記ブログです

Life 双子 子育て

【双子の出生前診断】首にしこりがあります、、妻が唯一眠れなかった日々

投稿日:10/17/2020 更新日:

こんにちは、ぱーよです

 

今回は、双子出産時の出生前診断についてお伝えします

妻はとてもタフな性格です

そんな彼女が唯一寝られなかった日々があります

それは、出生前診断での一言でした

私達夫婦が出産時にどのような決断をし、妻が眠れない日々を克服したのか

お伝えします

 

今回の記事で、これから出生前診断を受けようとしているご家族、

似たような境遇にあるご家族のご参考になればと思います

 

【双子の出生前診断】首にしこりがあります、、妻が唯一眠れなかった日々

首にしこりがあります

この言葉が、妻を唯一眠れない日々を送った原因でした。

私には、9歳の長男と、7歳の双子がいます。

私の妻は、メンタルでもフィジカルでも相当タフな人だと思っています。

そんな妻が唯一眠れなかった日々があります。

それは双子をこのまま妊娠して出産するかどうかということでした。

 

『えー双子ラッキーじゃん。かわいいだろうな。』

普通であれば、双子に恵まれたんだからそのまま産めばいいじゃんと思うかもしれません。

なぜ、ためらったか、それは胎児の写真を見た産婦人科医から伝えられた言葉によるものでした。

『首のむくみが厚いです』

『染色体に異常があるかもしれません』

『この場合、障害のある双子になる可能性があります』

『その可能性は、あなたの年齢とお子さんの首の厚さから1/7の確率です』

『現在、あなたの息子さんが2歳に満たない状態で出産するとご夫婦の人生と息子さんの人生を大きく変えてしまうでしょう』

 

早期の人工中絶をおすすめします

産婦人科医から選択を迫られたのは妻の妊娠9-11週のあたりのことでした。

人工中絶の期限は、妊娠22週まで。

実際は母体のことを考え12-13週には選択をする必要がありました。

妻からこの話を聞いたとき、動揺が隠せませんでした

授かった命を自分たちの選択で失っていいのだろうか

仮に障害のある子が生まれて、2歳も離れていない長男とともに育てていけるのだろうか

妻と私が亡くなった後、息子は障害のある双子を面倒をみていけるのだろうか

妻と私はどうするのが一番よい選択なのか判断がつきませんでした。

 

1週間悩んだ末、私たちの選択は『産もう』(産んでもらおう)でした。

理由は、誰かを理由に中絶したなんて責任を転嫁したくないと思ったからです。

将来、息子に向かって『お前のことを思って中絶したんだよ』なんていいたくなかったのです。

それを聞いた息子は悲しむでしょう。

妻と私の両親にも相談しましたが、『産みなさい』と一言、言ってくれました。

2人だけでは受け止められなかった選択もこの一言で助けられました。

こうして、どちらの結果になろうと産み育てようと決断しました

 

 

ようやく妻は決断したその日からぐっすり眠れるようになりました

妊娠16週には、妻には羊水検査の確定診断をうけてもらいました。

障害のある子だとわかった場合に備えて準備をするためでした。

検査の結果、障害の子ではありませんでした。

 

さいごに

今回あのときの大きな決断を振り返ることで、私たち夫婦の望む人生思い出せました。

実際に、障害のある子を育てたことがないのでどんな人生を送っていたかはわかりません。

ですが、どんなことがあっても自分たちがしたい(あの時、育てたい)と

おもった気持ちは忘れず大事にしていきたいです。

これからも自分たちが納得するしたい人生を送っていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた!

 

関連記事はこちら

『窓ぎわのトットちゃん』のびのび子どもを育て、子育てに自信をもたせてくれるオススメの一冊

 

出生前診断について詳しく知りたい方は別サイトを御覧ください

出生前診断とは/胎児生命科学センター

-Life, 双子, 子育て
-

執筆者:

関連記事

簿記④/勘定の増減をから、取り引きのやりとりを把握しよう

  世の中のしくみを知りたいと思いました お店、会社に関わる『簿記』について学んでいきます   目次1 簿記④/勘定の増減をから、取り引きのやりとりを把握しよう1.1 取引とは?1 …

【息子9歳の誕生日】誕生日のプレゼントは何?  【ありがとうのメッセージ】

こんにちは、ぱーよです。 今日8月22日、土曜日は息子9歳の誕生日。 以前から欲しいもの、食べたいものを聞いて準備しているので、息子本人も嬉しそう。 学習の一環で日記を書いている息子は、日記に誕生日ま …

【ボストンおすすめ観光スポット】シティパスでお得、子連れで行きたい場所5選

こんにちは、ぱーよです   今回は、ボストンのおすすめ観光スポット、子連れで楽しめる場所をお伝えします また、観光の際に役立つシティパスについてもお伝えします 今回紹介する場所に行かれる場合 …

【子育て/大変な時期はいつまで続くのか?】子どもが6歳、小学校に上がるまで乗り切って!

こんにちは、ぱーよです。   皆さんは、子育てしていてこんな疑問をもったことはありませんか?   『子育てはいつまで大変なんだろう?』 『何歳までこの大変さが続くんだろう?』 &n …

【年子の双子の子育て】ワンオペは辛いよ、頼ればよかった3つのこと

  こんにちは、ぱーよです。 ワンオペ:ワンマン・オペレーションの略。 何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。 出典:コトバンク 当時、息子 …